コスプレ衣装を着てハロウィンを楽しむ

2019年9月7日ハロウィン

ハロウィン イベント

近年、急激な盛り上がりを見せているハロウィン。
日本に広まるなかで、本場アメリカとは過ごし方が
かなり変わってきているようです。
とくにコスプレはこの期間、国内ならではの
楽しみ方と言えるでしょう。

 

「お盆のようなもの」と言われるハロウィンの由来

「諸聖人の日の前夜」「神聖な夜」などさまざまな語源があるとされる「Halloween」は、本来キリスト教カトリックのイベントを指します。死者の魂がこの世に戻ってくる日に墓参りや祈りを捧げることから、日本では「お盆のようなもの」と説明されることが多いようです。

この日に欠かせないものがカボチャです。悪霊を追い払うために恐い顔に掘り抜いて、中でロウソクを灯します。もともとはカブが使われていましたが、よりたくさん収穫できるものとして変わったようです。ジャック・オー・ランタンの物語は子供でも読める簡単なものですから、絵本を買ってみると面白いでしょう。

 

自宅でも外出でもイベントを楽しめる

かならずしもアメリカの過ごし方を習う必要はなく、日本ならではの過ごし方で楽しむと良いでしょう。もともとは家族で過ごし、子供たちは「Trick or treat」を唱えながら各家庭を回ることが定番でした。しかし、安全面の問題があって国内では浸透していません。

手軽に楽しむならグルメやレジャーでしょう。レストランでは期間限定のカボチャ料理やスイーツが楽しめます。テーマパークではデコレーションやコスチュームがいつもと変わり、ひと味違う雰囲気が味わえるでしょう。家から出ないなら料理を作ってみることも楽しいはずです。

 

コスプレ衣装でハロウィン気分をさらに盛り上げる

ハロウィンと言えばお化けを模した仮装です。しかし、現在は皆が楽しめるコスプレの場になりつつあります。全国で大規模なイベントが開催されて、さまざまな衣装を着た方がパレードを楽しんでいます。コスプレが好きな方ならぜひとも参加したいところです。

「人混みに入りたくない」という方でも自宅でコスプレにチャレンジしてみましょう。最近では衣装をネットのコスプレ通販で買えます。「どこで買えば良いのか分からない」「店頭で買うことが恥ずかしい」という方でも気軽にコスプレを楽しめるでしょう。

もともとは死者の霊を迎えるハロウィン。国内では期間限定のグルメやイベントが楽しめます。とくにコスプレは各地でパレードがおこなわれるなどの盛り上がりを見せています。ぜひとも家族や友人、恋人などと衣装を準備して参加してみましょう。