中古のコスプレ衣装は売るべき?買うべき?メリット・デメリットをご紹介

2019年9月3日コスプレ

古着

コスチュームの中古品はあくまでも「中古品」です。

誰かの手に一度は渡ったものなので、汚れやサイズ違い模様の相違等は覚悟しなければなりません。

本当にこだわりたいのであれば、自作するか、高いお金をかけてプロの方に依頼するほうがよいでしょう。

「コスチュームを着てみたい」「衣装は作れない」「お金もない」「一度だけでよい」という方には、中古品は値段も安く手が届きやすいでしょう。

売る側としては、できる限り綺麗に洗濯などしてからの方が買い手も付くし、値段も上がると思います。

また、「流行りのジャンル」「小道具付き」なども、買ってもらいやすい条件になるのではないでしょうか。

コスチュームを 中古として販売できるの?

近年、中古のコスチュームを扱うお店というのは、重宝されています。

今はコスチューム自体が昔より容認され、コスプレ人口も増えてきています。

町や市が協力して、町おこしと銘打っているイベントもあります。

そのくらい、コスプレという趣味は世間一般に広く知れ渡るようになりました。

そうすると、問題として出てくるのが「衣装をどうやって手に入れるか」です。

  • 手作りする。
  • 既製品を業者から買う
  • オーダーメイドで業者に依頼する
  • 中古品を買う

などの方法がありますが、これらは全て自分の時間や金銭事情、そのキャラクターへの情熱度合いで変わってくるでしょう。

特に初めてコスチュームを着たいと考えている人は、ネット通販での購入に不安を覚えるかもしれません。

まだ学生さんだった場合、高い衣装を買うというのも難しい人もいるでしょう。

中古品に違和感を覚えない人でも、届いてみたら思っていたのと違う…なんてことになりかねません。

そうしたとき、「実際目で見て」「手で触って」「汚れやサイズを確認し」「中古品だから比較的安価で買える」店舗というのは、強い味方になるのではないでしょうか。

もちろん物によっては、既製品を業者から買うより高いものもあるでしょう。

しかしそういった部分も含め、店舗でならばゆっくりと吟味することができます。

自分が納得いく一着を見つけることができるのではないでしょうか。

売り手もネットでのフリーマーケットのような手間をかけることなく店舗に売却できるので、双方にとって良い関係を築ける場所です。

コスチュームを中古で売る メリット・デメリット

古着

メリットは何といっても、「もう着ない衣装をお金に換えることができる」ことです。

コスチュームはお金のかかる趣味です。

自分で作るにしても、既製品を業者から買うにしても、ある程度の出費は覚悟しなければやっていけません。

もう着る予定がないのであれば、潔く誰かに売ってしまい、それを元手に違う衣装を購入するか、材料の足しにするなどしたほうがよいです。

置いておいても邪魔になってしまうかもしれません。

いくら洗濯して保管したとしても、次に取り出してみたらカビや汗染みが…なんてこともありえます。

そうなるくらいなら、中古品として売却することはおすすめです。

デメリットとしては、「自分の想像よりも少ない金額でしか買い取ってもらえない」ことでしょうか。

ネットでのフリーマーケットでは、販売価格を売り手側が決めることができます。

価格交渉で値段が下がることもあるでしょうが、それでも売り手側が納得いく値段ではあるでしょう。

ですが、中古のコスチュームを扱う店舗に持ち込むとなると、どうしても値段は上がりにくいでしょう。

また、店舗買取はどんな衣装でも「中古のコスチューム」です。

こだわって手作りし、高価な布やレースを使った衣装だとしても、業者に依頼し、オーダーメイドで作ってもらった衣装だとしても「中古品」なので、売り手側の気持ちは反映されにくいものです。

自分で写真を撮ってネットに上げ、包装や発送を行う手間が面倒な人は、店舗買取はメリットでしょう。

コスチュームを中古で買う メリット・デメリット

洋服

一番のメリットは「自分で衣装を確かめることができる」ことではないでしょうか。

もちろん「値段が安い」こともメリットです。

ですが、コスプレ業界が賑わっている昨今、既製品でも安価な衣装がネットを探せば転がっています。

中古品を購入するほうが高くなることもあります。

店舗での購入にはネットでは絶対にできない「自分で衣装を確かめる」という大きな利点があります。

  • 生地の色味や肌触り
  • 小物の有無
  • 汚れや汗染み

そういった、中古品ならではのマイナス点を、自分の目で確かめることができるのです。

あとでトラブルになりやすい点ですよね。

特に色味は写真を通してしか分からないし、人それぞれ感じ方も違います。

そう頭では理解していても、実際届いてみたら…きっとガッカリしてしまうと思います。

この部分を回避するためにも、店舗で実際見てみるというのは大きいメリットではないでしょうか。

もちろん、ネットでの中古品購入も毎回トラブルが起こるわけではないので、状況によって利用していけばよいと思います。

デメリットとしては、一つは「ネットよりも高くなる場合がある」という点でしょうか。

ネットでの中古品購入は、基本的にオークション形式でしょう。

もしくは個人間同士のやり取りなので、値下げ交渉ができる場合もあります。

売り手側がどうしても売ってしまいたい!となった場合、破格の値段で手に入ることもあります。

もう一つのデメリットとしては「欲しい衣装があるかどうか分からない」という点です。

「〇〇というジャンルの、△△というキャラクターの衣装が欲しい」と思っても、それが店舗にあるとは限りません。

特に何がしたいと決めているわけではなく、良いものがあったら購入したいと思っている人にはよいですが、そうでない人にはなかなか難しいのではないでしょうか。

今回はコスチュームを中古で売り買いする場合のメリット・デメリットをお伝えしました。

良い点と悪い点を踏まえた上で、よい買い物ができますように。