ルールとマナーを守って楽しいコスプレイベントにしよう

2019年10月7日コスプレ

コスプレ

コスプレイベントは、憧れのキャラクターに変身できる夢のような時間です。

どのキャラクターを選ぶかを考えるだけでも楽しいですよね。

イベントには大勢の人が集まるので、守るべきルールとマナーがあります。

コスプレイベントに参加する前に、ルールやマナーをしっかり確認しましょう。

コスプレイベントは一人でも参加できる

イベントというと大人数で参加するイメージをお持ちの方は多いですよね。

コスプレイベントは一人でも参加できるのでしょうか?

一人参加

参加人数については特に制限がないので、一人参加でも大丈夫です。

ただし、チケットを購入する有料のコスプレイベントもあるため、早めに公式サイトで詳しい情報をチェックしておくことをおすすめします。

有料のコスプレイベントによっては、事前にチケットを購入すると早割など割引き価格で購入することができます。

複数人で参加

複数人で参加すると、荷物の管理や着替えをするスペースの確保ができるなどのメリットがあります。

さらに、経験者と参加すると、初心者でもスムーズに行動することができます。

サークル参加では、売り子がコスチュームを着たまま販売することを許可しているイベントもあります。

コスプレイベントでは、基本的にコスプレエリア内での活動となります。

会場に入るまでは順番待ちになるので、必ず全員が揃ってから並びましょう。

後ろから割り込むと順番を守っている人にとって迷惑となり、トラブルの原因になりかねません。

コスプレイベントで着替えるときのマナー

コスプレ

コスプレイベントに参加するうえで知りたい情報として、衣装はどこで着替えるかということがあります。

コスプレイベントの着替えは、基本的に会場内に設けられた更衣室のみで行います。

会場内だからと通路やトイレ、サークルの販売ブース、会場の周囲で着替えるのは規約違反です。

イベント会場には常に人がぎっしりと詰まっているので、人の妨げになる場所で座り込むなどの行為は禁止されています。

会場の中であっても外と変わらない環境のため、指定のない場所で着替えると盗難などの被害に遭う可能性があります。

専用の更衣室では同じコスプレイヤーだけが利用するため、安心して着替えることができます。

家で着替えてきたり、会場の近くにある公衆トイレやコンビニのトイレで着替えたりすることも、同じく規約違反です。

一部のコスプレイヤーが違反行為を行うと、次回から会場の使用許可がおりなくなる場合があります。

最悪の場合、コスプレイベントの中止ということもありえますので注意が必要です。

着替えたあとの荷物は、隣接しているクロークに預けられるため、貴重品は自分で携帯して、それ以外の荷物をまとめて預けます。

手荷物としてバッグを持ち歩く場合は、置き引きといった犯罪に注意しましょう。

クロークに無制限に預けられるわけではないので、可能な限りコンパクトにしておくことがマナーです。

更衣室は混雑するので、自分たちだけでスペースを占有せずに迅速に次のコスプレイヤーに譲りましょう。

長時間のコスプレイベントは水分補給が必要

コスプレ

コスプレイベントに参加して楽しむコツは、しっかりと事前の準備をしておくことです。

イベント当日は、忙しく限られた時間の中で動くため手際のよさを求められます。

とくに更衣室は、限られたスペースで着替えるため、自宅で早く着替えができるように練習しておくとよいかもしれません。

余裕を持って着替えができれば、コスプレイベントを十分に楽しむことができます。

コスプレイベントは室内のイベントですが、水分補給が重要です。

コスプレエリアでも、すぐに飲めるように水筒やペットボトルのドリンクを用意しておきましょう。

食事は、服が汚れにくい栄養ゼリーやおにぎりが人気で、ササッと片手で食べられるメニューを選ぶことが大切になります。

会場内は人の熱気で蒸し暑くなるため、傷みやすい手作りのお弁当よりも途中のコンビニなどで軽食を購入することをおすすめします。

会場内のマップやコスプレに関するルールが載っているパンフレットは、緊急時に備えて携帯しておきましょう。

そして、コスチュームが破れたときのために簡単なソーイングセット、安全ピン、ハサミとテープも準備しておきましょう。

夏場は日焼け止め、タオル、塩分補給のための塩飴やタブレットも必須です。

寒い冬場には、カイロやうえに羽織る防寒着といった対策が求められます。

コスプレイベントは「スケッチブック」を使ってコミュケーション

イベントでは、スケッチブックに大きな文字で簡単な情報を書きます。

コスプレイヤーとしての名前であるコスネーム、コスチュームを着ているキャラクターの出典元や名前、SNSのアカウントやメールアドレスを簡潔に記載することで、あとから撮影した写真を送ってくれるなどのコミュニケーションにつながります。

SNSなどの連絡先については、コスプレ活動の専用アカウントが望ましく、個人を特定されないために住所などの個人情報は全て伏せておきましょう。

カメラでの撮影は、事前にコスプレイヤー本人に口頭で許可を取るのがマナーです。

ネットのWEBサイトへの写真の掲載の可否もスケッチブックに書いておくと、誤解がありません。

コスプレイベントによっては、カメラマンに撮影許可証を発行しているので、その場合は撮影してもらう前にきちんと確認しましょう。

公式に撮影許可を得ているマスコミを除いて、原則的に動画による撮影は禁止されています。

もしも悪質な違反者を見つけたら、自分で指摘するのではなく最寄りの運営スタッフに連絡して対処してもらいましょう。

コスプレイヤー同士のコミュニケーションも、コスプレイベントの醍醐味です。

周囲にいるコスプレイヤーに話しかけることで、同じ趣味の仲間ができることもあります。

どのコスプレをしたらよいか迷っている人は、全てセットになった商品を選ぶと便利です。

Only&Oneでは衣装がセットになっているから簡単

Only&Oneでは、衣装・ウイッグ・小物が全てセットになった商品を取り扱っています。

「イベントまで時間がない!」「短時間で必要なものを揃えたい」という方にとってもおすすめです。ぜひお気に入りの商品を探してみてくださいね。

コスプレ

Only&One