ハロウィンは魔女のコスプレで決まり!メイクを簡単にするコツとは?

2019年9月17日ハロウィン

ハロウィンは魔女のコスプレで決まり!メイクを簡単にするコツとは?

ハロウィンと言えばどんなコスプレを想像するでしょうか。今回はハロウィンの定番、魔女のコスプレをコスプレメイクのコツと共に紹介していきます。ハロウィンでコスプレしたいのはこわい魔女?それともかわいい魔女?ばっちり決まったメイクができたらハロウィンパーティの主役になれちゃうかもしれません。

 

魔女コスプレはメイクが肝心!簡単に仕上げるコツを見ていこう

魔女コスプレはメイクが肝心!簡単に仕上げるコツを見ていこう

魔女のコスプレはメイクが肝心、簡単に魔女になれるメイクのコツを見ていきましょう。定番のこわい魔女とかわいい魔女のメイクを紹介していきます。

魔女コスプレのメイクのコツとは?

魔女コスプレのメイクのコツとは?

こわい魔女は血色の悪い肌の色、キツい目元、真っ赤な唇など、特徴的な外見をしています。

魔女メイク例

●まずは、血色の悪い肌の色を作っていきます。顔を化粧水や乳液で保湿して整えたところに、肌の赤みを消すため、グリーンのコントロールカラーの下地を全体的に塗っていきます。グリーンのコントロールカラーは肌の赤みを消してくれるので、全体的に塗れば顔の血色が悪く見えるメイクです。

●次はファンデーションを塗っていきます。ファンデーションはリキッドでもパウダーでも良いですが、普段つかっている色より1、2トーン明るいものを使用します。これで肌の色が血色の悪い色になります。もっと、白くなりたいなら舞台メイク用の白いドーランを使うのがおすすめ。

●薄く塗れば人間味のない血色の悪い肌に、濃く塗れば白塗りになります。チークはこわい魔女には使わず、頬骨あたりにブラウンやブラックのシェーディングをします。ノーズシャドウをすると鼻が高く見えます。

●最後に、上からプレストパウダーやベビーパウダーを塗って押さえたら魔女の特徴、血色の悪い肌の完成です。

魔女の雰囲気はカラーが重要

魔女の雰囲気はカラーが重要

魔女のコスプレにおすすめのカラーはハロウィンカラーのオレンジとパープル。特に魔女メイクにはパープルを使うのがおすすめです。

他にもグリーンやブラック、レッドをワンポイントで入れるのもおすすめです。ちょっと不気味なくらいが雰囲気が出ます。

目元メイクは魔女カラーを意識する

目元メイクは魔女カラーを意識する

一番重要な魔女の目元メイク、目元は魔女コスプレにとても大事なポイントです。魔女カラーを意識してメイクしていきましょう。

目元メイク例

●まずは、アイホール全体に薄いパープルのアイシャドウを塗っていきます。

●次に、アイホールの3分の2外側から、最初に塗ったパープルのアイシャドウより濃い色のアイシャドウを塗り、薄いパープルから濃いパープルになるようにグラデーションにしていきます。

●このアイシャドウからグラデーションで魔女の雰囲気が出るのですが、おすすめはアイホール外側にブラックのアイシャドウを塗り、内側から薄いパープルから濃いパープルからブラックとぼかしてグラデーションにしていくと立体感が出ます。

●この時に普段より、ちょっとやりすぎなくらいにアイシャドウを塗るのがコツです。衣装に負けないメイクとなり、写真映えもします。

●下まぶたにもアイシャドウを塗っていきます。目元をぐるっと囲むようにブラックやパープルのアイシャドウを塗りましょう。おすすめはブラックカラー、涙袋までアイシャドウを塗るのがこわい魔女になるコツです。

●涙袋がぷっくりしていると元気なかわいいイメージになってしまうので、涙袋までアイシャドウを塗り、全体をぼかします。鏡を見ながら自分好みに調整していきましょう。

●アイシャドウが塗れたらアイライナーを引いていきます。アイライナーは、ちょっと濃過ぎな程度が魔女コスプレにはピッタリです。色はブラックで引いていきましょう。目尻を跳ね上げるように書いたらつり目に見えます。逆に、たれ目にしたい場合は目尻を下げるようにアイラインを引きましょう。

●仕上げにつけまつげを付けたら完成です。使用するつけまつげは、目尻になるにつれて濃くなるタイプを使えばつり目に見せることができます。

写真映えするカラコンを使用するのもいいでしょう。カラコンは普段はつけないような赤や黄色のカラコンを付けてみましょう。こわい魔女のクオリティが上がるのでおすすめです。

口元メイクも魔女カラーを意識する

口元メイクも魔女カラーを意識する

口元のメイクは印象的になるように、レッドやブラック、パープルのリップで彩りましょう。血のようなレッドを使えば正統派なこわい魔女です。艶のあるものよりマットな質感のもので仕上げるのがコツです。

より印象的に仕上げたいなら口元をブラックやパープルのリップで仕上げるのがおすすめ。引き締まったゴシックっぽい仕上がりになります。せっかくのハロウィンコスプレなので好きな色に塗ってみましょう。ハロウィンシーズンなら変わった色の口紅も手に入りやすいです。

もし、変わった色にしたいけど手に入らない、手を出せないという場合に使える代用技もあります。

唇の色をコンシーラーで消した後に、リップバームを塗り好きな色のアイシャドウを唇に乗せてみましょう。マットなリップの完成です。通常の口紅よりは粉っぽくなってしまうのが難点ですが、好きな色の唇が完成します。

また、普通のリップを塗った後にアイシャドウを唇に重ねると、立体感が出るのでおすすめです。

アイシャドウを唇にのせたら食べちゃうかもしれないのが不安という場合は、ミネラル系のアイシャドウを使うと良いでしょう。普通のリップよりも落ちやすいので飲食は控えて、飲み物もストローを使うなどすれば、あまり口には入りません。

かわいい魔女メイクに仕上げる方法

かわいい魔女メイクに仕上げる方法

こわい魔女ではなくかわいい魔女になりたいなら、下地にグリーンのコントロールカラーを塗り、普段より1、2トーン明るいファンデーションで血色の悪いベースメイクをした後、チークを入れてみましょう。

 

かわいい魔女メイク例

こわい魔女だとチークは必要ありませんが、かわいい魔女なら必要です。ただし、普通の位置にチークを入れてしまうと魔女らしさから少し離れてしまいますので、魔女らしくチークを入れるなら、チークは目元に限りなく近く入れるのがコツです。

●色はレッドかピンク、オレンジは健康的に見えてしまいます。目元はアイシャドウにキラキラしたグリッター入りのものをのせると印象的です。かわいい魔女になるならピンクやレッド、薄いパープルでアイシャドウを塗りましょう。

上まぶたに薄いピンク(つけたい色より薄めの色。ここではピンクを使用)をアイホール全体にのせます。

つづいて、先ほどより濃いピンクのアイシャドウを目尻から3分の2塗ります。

●最後に、薄いピンクと濃いピンクの境目をぼかしてグラデーションにすると、かわいい魔女らしくなります。

下まぶたは目の中心から外側へピンクやレッド、薄いパープルのアイシャドウを塗るとかわいくなります。つけまつげはなりたいイメージのものを使用します。

目の中央に毛束の多いものを使うと、くっきりした丸い目元になるのでかわいい魔女にはおすすめ。つり目の魔女には目尻に毛束の多いものをつけると、かわいいつり目の魔女になります。

リップはレッドでも良いですが、ピンク寄りのカラーのほうがかわいい魔女にはピッタリ。

顔や体にスパンコールやかわいいシール、タトゥーシールを貼ってかわいらしさをアピールするのもかわいい魔女になるコツです。

かわいい魔女はネイルにもこだわってみましょう。ハロウィンカラーのオレンジやパープルのネイルカラーを塗ったり、おばけや黒猫のネイルシールを貼るのもかわいい魔女になれます。

魔女コスプレのメイクにはアイテムを使用

魔女コスプレのメイクにはアイテムを使用

魔女のコスプレにはアイテムを使うのもおすすめです。最近ではハロウィンシーズンになると100円ショップで様々なハロウィングッズが売っています。それを使うのも魔女のコスプレにはピッタリです。

★100円ショップやバラエティショップで売られているペーパーアイラッシュ(つけまつげ)をつけるのもハロウィンムードを盛り上げられます。また、キズのタトゥーシールもおすすめです。ちょっとゾンビっぽい魔女を目指すなら顔にキズのタトゥーシールを貼るとハロウィン感がでます。

ハロウィンの日には魔女のコスプレでメイクを!

ハロウィンの日には魔女のコスプレでメイクを!

ハロウィンのコスプレ魔女メイクの紹介いかがでしたでしょうか?こわい魔女、かわいい魔女にはなれたでしょうか。コスプレメイクが完成したら小物を持って写真を取れば写真映えします。

100円ショップやバラエティショップで売られているかぼちゃの小物入れや、魔法のステッキを持ってハロウィンパーティに出かけましょう。